[記事]’帰ってきますおじさん’チョン・ジフン、リアルヤセンナムに破格変身

http://m.entertain.naver.com/read?oid=241&aid=0002536311&lfrom=twitter  
俳優チョン・ジフンがロビンソン・クルーソーに変身した。


3日に放送されるSBS水木ドラマ’帰ってきますおじさん'(脚本ノヒェヨン/演出シンユンソプ/製作、シンヨンイエンシ、フノスエンターテインメント)を通じてキムイングォン(金ヨンス)で30代のエリートイケメン店長に転生したイヘジュン駅と先進グループアンソクフン(自動車会長)の婚外子であり、経営コンサルティングの鬼才である’本当にイヘジュン’役を演じて、1人2駅を消化している。

 何よりも、この3回分では本当にヘジュンが乗った軽飛行機がラミラン(マヤ)の陰謀に、無人島に不時着したり、気絶した操縦士を見て絶叫する本物のヘジュンの姿が盛り込まれてこれから先の無人島物語に好奇心が集まっている。
これと関連のチョン・ジフンの凄絶な無人島生活が捕捉され、視線を一目で奪っている。 チョン・ジフンが無人島に到着した後、ロビンソン・クルーソーも泣いて行くほどのリアルな’ヤセンナム野生の男?’に変わっていく生々しい現場が公開された。

 特にチョン・ジフンは少し育ったひげとネクタイさえないスーツ姿を一軒、絶望に陥った顔で海に向かってジャケットを振り回している姿を繰り広げた。

 また、チョン・ジフンが大幅に粗末になった服と、ひげぼうぼうの顔、乱れた髪をしたまま全身に白い粉をごったまぜしている姿も披露した。
さらに、チョン・ジフンは、軽飛行機を操縦した李ムンシクとブンユトンを並んで持ち上げて歓呼しているかと思えば、すぐに粉ミルクをあたふたと吸入している破格的な姿も描いた。  

頭から足先までしっかりと壊れたチョン・ジフンを通じて尋常でない無人島漂流記に対する期待感が増幅されている。 


チョン・ジフンの’リアルヤセンミ’が目立つ無人島の場面は先月20日、21日の2日間にわたって済州島海辺で撮影された。  

チョン・ジフンは’帰ってきますおじさん’を開始した後初めて行われた済州島撮影と先輩の演技者李ムンシクと一緒に撮影することに対する胸のときめきをほのめかしていた。

さらに、チョン・ジフンは李ムンシク、シンユンソプPDと済州島海辺の風光を後にしたままの撮影分に対する忌憚のない議論を交わした。
また、チョン・ジフンはこの日時間による段階別ひげ扮装をしなければならなかった状態。

チョン・ジフンのリアルな獣人扮装に見守ったスタッフたちすら目を離せなかった。 共に、本格的な撮影が始まると、チョン・ジフンは力強いピョヒョに、無人島閉じ込められたイヘジュンキャラクターをよく描いている。 

だけでなく、李ムンシクとも文句の付けようもない呼吸を発揮し、想像以上のコミックの名場面をもたらした。


制作会社側は、”チョン・ジフンは無人島シーンのために本当に果敢な扮装と歴代級コミック演技を披露した”、”毎回エピローグなどを通じて、視聴者に披露するチョン・ジフンの無人島漂流記を期待してもいい”と伝えた。
‘帰ってきますおじさん’4回は3日(今日)午後10時に放送される。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。