[記事]さん’ラミラン、チョン・ジフン・オ・ヨンソ

http://m.entertain.naver.com/read?oid=109&aid=0003274456&lfrom=twitter  
‘帰ってきますおじさん’ラミランがチョン・ジフン、オ・ヨンソと真夜中シクルボクジョク、漢江大橋大騒動を繰り広げた。

チョン・ジフン-オ・ヨンソ-ラミランはSBS水木ドラマ’帰ってきますおじさん'(脚本ノヒェヨン/演出シンユンソプ/製作、シンヨンイエンシ、フノスエンターテインメント)で40代の万年課長金ヨンス(キムイングォン)で30代のエリートイケメン店長に転生したイヘジュン役と元組織のボス出身ハンキタク(金秀路)で絶世の美女でまた復活したホンナン役、ヨクソンドェンヨンスと寄託の管理者であり、リーライフセンターのメッセンジャーマヤ役を演じた。
チョン・ジフンと、オ・ヨンソが幻想の’あの世の同窓’明美を見せている中、これまで’リーライフセンター’で二人を見守っていたラミランが現世に出没することが予告されて、興味を高めている。 

これと関連のチョン・ジフン、オ・ヨンソ、ラミランが真っ暗な夜、漢江大橋の上に集まっている姿が公開されて注目を集めている。

特にチョン・ジフンは涙だらけの顔を一戸橋難関を便乗しようとする姿とみる人々を危険にしている。 

これを目撃したオ・ヨンソがチョン・ジフンを引き下げとすると、チョン・ジフンがオ・ヨンソの頭を押しのけて、強くねばった姿で一触即発の状況であることをうかがわせている。
さらに、ちょうどラミランがひとしきり騒動を起こした後床に大の字に伸びて,疲労こんぱいしているチョン・ジフンと、オ・ヨンソのそばに登場、注目を集めている。

 だけでなく、ラミランは’リーライフメッセンジャー’のユニホームを脱いで、トレンチコートに頭にスカーフをまとった少女感性が漂うビジュアルで現れ、笑いを誘った状態。

‘鄭−呉コンビ’が漢江橋を訪れた背景と共にラミランが変わった姿で2人の前に現れた理由が何か、好奇心が集まっている。

チョン・ジフンと、オ・ヨンソ、ラミランが橋の上に集合したシーンの撮影は過ぎた2日、漢江大橋の上で行われた。 

先に撮影に突入したチョン・ジフンと、オ・ヨンソは冷たい一番底に全身を転がす闘魂を発揮しながらも申し分ない呼吸で、一気に完璧なシーンを完成した。

 続いて二人は撮影装備点検のためちょっとの暇ができると、携帯電話で’帰ってきますおじさん’を本邦死守し、丁寧なモニタリングを忘れない’熱血コンビ’の面貌を現わした。

以降ラミランが合流し、3人はもっとしっかりしたチームワークで現場を導いた。 ラミランの奇抜なアドリブの提案に、チョン・ジフンと、オ・ヨンソが積極的に参加、没入も高い場面を完成して出すのかすれば、三人は和気あいあいとした証拠写真を撮りながら、現場を盛り上げた。ろ

制作会社側は、”チョン・ジフンと、オ・ヨンソ、ラミランは撮影場の内外として、遜色のない呼吸を作り出している”、”これから3人が共に出される神々がたびたび登場する予定だ。 期待してもいい”と伝えた。 /parkjy@osen.co.kr

[写真]シンヨンイエンシ、フノスエンターテインメント提供

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。