[記事]’石おじさん’チョン・ジフン、無人図書焼き芋に食事は済ませなければならなかった事情は?

http://entertain.naver.com/read?oid=468&aid=0000126306&lfrom=twitter 

 

俳優チョン・ジフンが焼き芋に食事を済ませなければならなかった事情が公開された。 

SBSスモクグク’帰ってきますおじさん'(脚本ノヒェヨン、演出シンユンソプ)(以下’石おじさん’)のホームページ内’PDノート’では’チョン・ジフン、李ムンシクの無人島ライフ’が公開された。 

映画’金氏の漂流記’をパロディーした’おじさん漂流記’は’本体の不時着のリーライフ’、’本当に私を探して’というコピーと共に劇中の本当のイヘジュン駅チョン・ジフンと、飛行機操縦士の李ムンシクのリアルな無人島ストーリーが盛り込まれている。

 特に、今回漂流記は”本当にイヘジュンは無人島で元気かな?”、”今の金ヨンスが引き続きイヘジュンで買ったのかな?”、”‘本当にイヘジュンが間違っていない、帰って来たら良いだろう”という視聴者たちの質問に製作陣がセンスよく製作したものだ。

に公開された写真ではヘジュンが飛行機の中で不安に話していたが以内のマヤ(ラミラン分)のいたずらで、無人島に不時着した後、絶叫する姿に続き、李ムンシクとともにブンユトンを持ってけんかしている途中で、急ぎで分配する場面も含まれている。 

この中に二人は顔に粉ミルクがついて白くなったりもしたが、このような姿は、劇の最後のエピローグを通じて公開されてあった楽しみを満喫しているのだ。

当時、砂の風が吹いているうえ、中国人を含む外国人観光客も関心を持って見守ったりもしたが、これに気にとめず、チョン・ジフンは壊れる扮装に破れた衣装を着て李ムンシクとともに体を惜しまない熱演を続けたこと。

そうしてのときになると製作陣と出演者たちは臨時のベースキャンプとして設けられた洞窟で、のり巻きとお弁当で食事を済ましたりもし、特に夜になると、焼き芋に食事を済ませながら撮影についての熱のこもったアイデアを交換した。

‘極と極’の2度の人生を通じて怒りと悲しみ、複数の欲望を克服していく過程を描いていく中に家族愛とともに、小市民たちのファンタジー、何よりも現実性があり、胸が痛くなるウップたストーリーを描いた’石おじさん’は毎週水、木曜日午後10時に放送される。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。