[記事]’石おじさん’パクチョルミン”チョン・ジフン、細心なマナーや演技力感嘆”

http://entertain.naver.com/read?oid=382&aid=0000459032&lfrom=twitter  
  

‘石おじさん’パクチョルミン”チョン・ジフン、細心なマナーや演技力感嘆”
俳優パクチョルミンが”チョン・ジフンのスタッフたちに向けた温かい視線と思いやりに感嘆した”と打ち明けた。 
パクチョルミンはSBS水木ドラマ’帰ってきますおじさん'(脚本ノヒェヨン、演出シンユンソプ)で、強者には弱く、弱者には強いうえに、ロビーとお世辞に長けた典型的サラリーマンである先進百貨店の馬上式部長役を演じている。 
映画の中の馬部長は、金ヨンス(キムイングォン)が生きている時はならないようについて新しく来た店長イヘジュン(チョン・ジフン)に同じようにされている。 このようにパクチョルミンは緻密には頭が悪くて、あくどするにはあまりにも小市民的なので悲しいキャラクターを共感をもって描きながらさらに注目を集めているのだ。
パクチョルミンはドラマ’帰ってきますおじさん’について”ファンタジーでありながら、リアルな私たちの話だ。 悲しい哀歓のために傷つけられたり、現実を風刺的かつ滑稽にアレンジして笑いもプレゼントする”と”韓国ドラマを見ながら’、韓国代表さんはまたはうちの部長はあのようにした’とし、目上の人と人からお互いに対する理解とともに、関心を持つことができる機会も提供している”と紹介した。
続き、”私がやってきたマ部長がちょっと目上に対して機嫌をうかがっている憎い人間ではあるが、何卒、可愛がってくればいいなあ”と付け加えた。
また、現在一緒に演技を披露している店長イヘジュン駅のチョン・ジフンに対する賞賛も惜しまなかった。 “チョン・ジフンは撮影現場で本当に快活するだけでなく、スタッフたちに温かい視線を送りながら配慮する”と”それで’あ、ジフンさんがこのような面もいたよね。’という考えも持って、演技するときは瞬間的に集中して感嘆がおのずと出ている。 ただ、一緒に延期し、ギクシャクしたものがあるなら、チョン・ジフンが背が高くて私が上げてみなければならないという点だ”と笑って見せた。

  

そのような中でパクチョルミンは過ぎた2回放送分から自分の”これは口から出る音ではないよ”というアドリブを真似したホンナン駅オ・ヨンソについても感謝の気持ちを示した。 “実は私が書いたアドリブがドラマとギャグ番組などで継続的に登場するのを見ると楽しくて幸せだ”と”今回も連署さんが私のアドリブを書いたと話して放送を注意深く見ましたが、基本味を生かして本当に納得できた。 もし機会があれば、援助の出てパロディーである連署氏がこのアドリブで一緒に演じてみても面白いだろうと”と聞かせたりした。

一方、’帰ってきますおじさん’7回は16日夜10時に放送される。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。