[記事]ドルジョさん」チョン・ジフンイ・ミンジョン親しいリハーサル捕捉、相性呼吸理由あったね

http://www.newsen.com/news

俳優チョン・ジフンとイ・ミンジョンの親しいリハーサル現場が公開された。

 SBS「帰ってきておじさん」側は3月28日チョン・ジフンとイ・ミンジョンが撮影に意欲を燃やしている様子を写した写真を披露した。

チョン・ジフンとイ・ミンジョンは劇中デパートの40代晩年課長英数(キム・イングォン)で30代のエリートイケメン店長に生き返ったイヘジュン駅、英数の妻に死別した後、デパート契約に生活戦線に飛び込むことにしたシンダヒェ役を引き受けた。   

    

    

    

   

劇中くれた(チョン・ジフン)は、生まれ変わりの元妻であるダヘ(イ・ミンジョン)の真意を知るために近づくかとダヘはそんなくれたに自分も知らないうちに少しずつ心を開いている姿でテレビ劇場にときめきと切なを同時にプレゼントしている。  この関連チョン・ジフンとイ・ミンジョンが「帰ってきおじさん」で無欠点ロマンス呼吸起き出すために撮影に邁進している様子が公開され、注目を集めている。

特にチョン・ジフンとイ・ミンジョンは毎回、この撮影に先立って丁寧に台本を分析する学究派的な姿勢で作品の完成度を高めている。チョン・ジフンとイ・ミンジョンは狭いエレベーターも気にせず並んで床に座ったまま真剣に台本の研究に没頭し、現場を熱くした。 

また、チョン・ジフンとイ・ミンジョンは台本ヨルゴンに続いて、実際の撮影を彷彿とさせる徹底したリハーサルで最高のパートナーシップを築いている。 

二人が休憩時間も毎したままソファに座ってセリフ一言と指紋一文字もパトゥリジ座り、ディテールた上に重ねながら、かけがえのない和を合わせて行っているもの。

だけでなく、二人の俳優、お互いの演技やアドリブの几帳面なモニタリングと応援を忘れない姿で「帰ってきおじさん」への情熱を表わしている。 

さらに、チョン・ジフンとイ・ミンジョンは超密着目合わせから腰折り抱擁、日当たりの良い抱擁など見る人々節ときめく様々なロマンスシーンで視聴者たちの心をざわざわこれだったから。

このように、二人はお互いの間の親密な呼吸がより多く必要とされているロマンスシーンを撮影する日には、事前のリハーサルに通常よりも2倍の努力を吐き出している。 

チョン・ジフンとイ・ミンジョンは、目合わせシーンの撮影に先立ってボウルを引き出す銅線からじわじわ事前に練習をすることはもちろん、腰を曲げる抱擁シーンでも腕の動作の一つ一つを取って見て、台本と誤差のない演技のために拍車をかけた。  

だけでなく、チョン・ジフンとイ・ミンジョンは「日差し抱擁」の撮影でシン・ユンソプPDと一緒に熱を帯びたリハーサルで現場に手本になった。

二人はシン・ユンソプPDのディレクションに応じて、それぞれの感情を保持生じると、シーンの重要なポイントにも点検する内面空白を表わした。 

製作会社側は”チョン・ジフンとイ・ミンジョンは回送が進むほど、より熟していくケミを披露している」とし「二人の「カスタム呼吸」は、休憩を放棄しながら練習に没頭した二人の努力で始まったもの」と明らかにした。(写真=シンヨンイエンシ、後ナースエンターテイメント

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。