[記事]とてもいい’石おじさん’、無常な視聴率

 http://m.entertain.naver.com/read? 

視聴率が、くやしくしそうだ。 

視聴率一つによって楽しさと作品性まで色あせに生じたSBS水木ドラマ’帰ってきますおじさん’話だ。

見る人々は賞賛を辞さない。 

俳優たちは好演を展開して、真剣さとコミックを行き来する状況はすでに水が上がった。 この時代、甲乙関係を嘲弄する社会的メッセージは適正な水準を維持し、感動を伝えている。

インターネットコミュニティには’帰ってきますおじさん’の中、いわゆる’蜂蜜ジャムポイント’を短く切って編集した映像がしばしば出回っている。 

書き込みも多く、反応もいい。 特にハンホンナン(オ・ヨンソ分)とソンイヨン(イハヌィ)のウォメンス、イヘジュン(チョン・ジフン)のケバンチョン、演技の反応は好評一色だ。

それだけではない。 万年課長金ヨンス(キムイングォン)の魂が入ったイヘジュンは、この時代の甲乙関係に一針を加え、視聴者と小市民たちに痛快さを抱かせる。 

ここに11回放送を起点にハンキタク(金秀路)の妹がシン・ダヘ(イ・ミンジョン)という秘密が露になり、また、一度利を加えた。

 楽しさと作品性のいずれも認められたのに、同時間帯に放送されるKBS 2TV’太陽の末裔’があまりにも強力だ。 30%を超える視聴率に毎回記録を更新中のこのドラマの隣に立った’帰ってきますおじさん’は視聴率一つに楽しさと作品性まで色あせに生じた。

決してこのドラマの品質が落ちて視聴率が低いわけではない。 

週末の再放送視聴率は、本放送視聴率に迫るかもっと高いときもあるからであり、これはそのまま本放送を見ないと再放送でもあげて見られるドラマという意味でもある。

 もちろん’石おじさん’俳優と制作陣は撮影スケジュールに差し迫った状況でも最後の有終の美を飾るために東奔西走忙しく動いている。 しかし、力尽きてはならない。 誰よりもおもしろくて好きなドラマを作っているためだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。