[記事]’石おじさん’終映認証ショット”ありがとうございました” ムンクル

http://m.entertain.naver.com/read? 
SBS’帰ってきますおじさん’崔元永(チェ・ウォンヨン)-イ・ミンジョン-チョン・ジフン-イハヌィ-オ・ヨンソ-ユンパク-イテフヮンが’終映感想の認証ショット’を残した。

SBS水木ドラマ’帰ってきますおじさん’は突然死を迎えた第2の同窓生が身分と外見が全く違う人物に衣替えしたまま、現世でヨクソンドェ、決まった時間の間、もう一回世界を生きてみた過程を描いた’ヒューマンファンタジーコミックドラマ’。

ヨクソンイという独特な素材で視聴者たちに笑いをプレゼントするとともに家族愛と父性愛を盛り込んだストーリーで感動と共感を醸し出しており、密度の高い作品で好評を引き出した。

何より’帰ってきますおじさん’は14日に放送される15、16回を最後に大団円の幕を下ろすことになる状況。

これには崔元永(チェ・ウォンヨン)からイ・ミンジョン、チョン・ジフン、イハヌィ、オ・ヨンソ、ユンパク、イテフヮンなど’帰ってきますおじさん’俳優たちが、終映を目前記念で台本の証拠写真と視聴者たちに向けたメッセージを伝えた。

 これまで強固な応援と支持を送ってくれた視聴者たちに証拠写真と監査メッセージで本気のこもる心を表しているわけだ。

最も先に’帰ってきますおじさん’で魅力的な悪役で存在感を振るった崔元永(チェ・ウォンヨン)は和やかだった微笑みと共に”ありがとうございました! いつも元気で前再び戻ってきます”という挨拶を盛り込んだ証拠写真を披露した。 

2年ぶりに復帰して強靭な母演技からロマンスまで多彩に消化したイ・ミンジョンは華奢なブイ(V.さあポーズで、”これまで視聴してくださった皆様ありがとうございます。 イ・ミンジョンドリーム”と感謝メッセージを伝えた。

イヘジュン役を通じて1人2役を展開し、コミックと陣地を行き来する幅広い演技スペクトルを見せてくれたチョン・ジフンは直筆サインを刻んだ最終回の台本を持って、証拠写真を残して意味を加えた。 

‘生計型女優’ソンイヨンに成熟した演技力を披露したイハヌィは”私の’帰ってきますおじさん’を愛してくれてありがとうございます! いつもありがとうございます”という気の利いた文句で視聴者に対する感謝の気持ちを示した。

障りのない破格演技変身に’ホンクロスィ’という修飾語を得ながら、多くの愛を受けたオ・ヨンソは指ハートを描いたまま”ホンナンたくさん愛してくれてありがとうございます! これからもがんばります。 愛してください! イヤン”という挨拶で愛嬌あふれる証拠写真を完成した。

 チョン・ジフンキャラクターでバンチョンナムに登場したユンパクは”多くの愛と関心くれて本当にありがとうございます! いつも幸せで元気な暮らしをお過ごしください”と真剣なメッセージを伝えながらも、本人の名前を書く貴下欄に’視聴者’と書いた台本を指すなど才気はつらつとした面貌を発揮した。

最後に無口なウィリナムとしたドラマの一軸を担当したチェ・スンジェ役のイテフヮンは”皆さん!今までスンジェを愛していただいてありがとうございます。 帰ってきますおじさんファイト!”とし、ファイト溢れる力強い語り口で別れを告げた。

制作会社側は、”過ぎた1月から4月半ばまでただ’帰ってきますおじさん’と視聴者たちのために最後まで最善を尽くしてくれた俳優とスタッフたちがいたためにさらに意味深い終わりを迎えたようだ”、”反転に反転を繰り返していた’帰ってきますおじさん’の最後が果たしてどのように仕上げられるか期待してほしい”と明らかにした。

一方、今月7日に放送された14回分にはしてくれた(チョン・ジフン)がソクチョル(オデフヮン)の自動車に轢かれて意識を失って倒れる姿が盛り込まれ、お茶の間劇場をパニックに陥れた。 ヘジュンがヨクソン体験の終了を控えたなか、結局2度の死を迎えることになるのか、帰趨が注目されている。

 SBS水木ドラマ’帰ってきますおじさん’15回と最終回の16回は14日午後8時55分から連続放送される。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。